SSブログ
前の10件 | -

懐かしの北海道ツーリングと、SSTR2024ゼッケンNo. [ツーリング]

こんにちは
関東もついに梅雨明けして夏本番!
もー、そろそろ涼しくなって欲しい!
( ;∀;)
最近の暑さヤバすぎます。

IMG_5891.jpeg
切り絵の大悲呪、第一部完成までもう少し。
やっぱりくずし字の立体感と流れるような筆跡がとても好き。
時々、ツッコミ入れながら書く。
終わったら公募に出して、おくのほそ道の続編へと進みます!
オンナ1人ダブルツーIn北海道の記憶・・・
2013年に書いた2002年のツーリング記事
w650つれづれ日記
2002年に大型免許取りたてでw650に乗り始めた。
27歳独身時代。
その夏、初めてフェリーで北海道へ行った。
GWに能登へ練習で行って以来の一人旅。
親にはバイク屋さんのツーリングだと言ってスケジュール表を作成して渡した。
その時、今もまだ使ってるモトフィズのツーリングバッグデビューだった。
なかなか、初めての北海道は、印象的で、道東しか行けなかったけど、すごく良かった。
行きたかったけどいけなかった所もあった。
今度行けたら、その時行けなかった所にも行きたいなぁ。
なんてもう22年も前の事を思い出してはニヤニヤしている。
#大悲呪#小川和紙#ペーパークラフト#紙#和紙#アート#陀羅尼#北海道ツーリング#思い出

IMG_5892.jpegIMG_5890.jpegIMG_5893.jpegIMG_5894.jpeg
SSTRのゼッケンは#864でした!^_^
IMG_5895.jpeg

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

]女性ライダーランキング
女性ライダーランキング

自然素材住宅ランキング
自然素材住宅ランキング

ナチュラルライフランキング
ナチュラルライフランキング

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

2024にっぽん応援ツーリング(3)長崎の宿ー土砂降りの帰路ー道の駅伊万里ー虹の松原ーレンタルバイク返却ー福岡空港ー羽田空港ー帰宅 [ツーリング]

続きです^_^
IMG_5728.jpeg
素敵なお宿に着くと、外でバーベキューをしている常連さんらしき人などもおり、アットホームな雰囲気。
IMG_5722.jpeg
IMG_5726.jpeg
IMG_5723.png
お風呂は沸いていてすぐ入れるとの事で、入らせてもらう。

あー
サイッコー!!(^O^)

ドライヤーで髪を乾かし
ビールを買う

飲もうと思ったら夕食の時間になり、食堂へ。
IMG_5725.jpeg
夕食は、お魚やお刺身などどれも感動的においしくて、
すっかり暮れて外は見えないけど絶景の高台に立つお宿だ。
IMG_5724.jpeg
IMG_5730.jpeg
明日は雨だと思うと、かなりブルーだが、これもツーリングの宿命
お天気には逆らえない。

夜から降り出した雨は次第に強くなる

外にはキャンプ場もあり、キャンパーも多そうだったので心配になる。

朝の撤収大変だろうなぁ。

ライダーもいたので心配だ。

朝食も感動的なおいしさ。

海沿いの宿だから、お魚がおいしい!
お米もおいしい!

何もかもおいしい!(笑)

ツーリング中の楽しみといえばやはり食べ物。
温かい汁物などがとてもうれしい。

外は雨である。
結構激しく横殴りに降っている。
ここにとどまりたい気持ちを抑えて、出発の準備をする。

飲みきれなかったビールを冷蔵庫で冷やしてあったので、寄付しようとすると代金を返却してくださった。

ありがとうございます

お気をつけて!
屋根の下にバイクを移動して、荷造り。
IMG_5727.jpeg
IMG_5732.jpeg

暴風雨の中、意を決して出発
IMG_5731.jpeg
いつしか雨は警報級の雨となっていた。
IMG_5729.jpeg
こわ〜

ビビりながら坂を下り、道なりに道の駅松浦を通り、
IMG_5734.png
その先を海沿いに少し進んで右折して伊万里方面を目指す。
IMG_5733.png
海沿いはやはり風が強くて怖い。
IMG_5737.png
IMG_5739.png
そういえば去年のGWも潮岬から警報級の雨で、風が強くてめちゃくちゃ怖かった。
IMG_5741.png
無理せず、内陸を進む
IMG_5742.png
風が強いときの橋は怖すぎるので、なるべく伊万里大橋みたいな橋などは渡らずに、迂回する。
IMG_5738.png
二里大橋という交差点を左折して道の駅伊万里を目指すが、この辺りが最も雨が強く、土砂降りだった。

しかしエリミネーターくんはABSもついており、前後のブレーキもよく効いて、とても安心感があった。

足つきも良いため、風が強くても、踏ん張れる。

信号ごとにアクセル全開のシフトチェンジはちょっと辛いけど、仕方がない。

道の駅伊万里の駐車場には屋根がなかった。
IMG_5746.png
想像していたよりも質素な、道の駅というより、高速のパーキングのような感じの所で、座る所も少なかったが、何とか席を確保し、すっかり雨が染み込んだレインウェアと革ジャンを脱ぎ、濡れた体を乾かしていた。
IMG_5751.jpeg
・・・と、夫婦の方が話しかけてきて、どちらからですか?

と、聞かれる

埼玉からですー^_^

私も今度ツーリングに行くんですよ。

そうなんですか?
良かったらどうぞ
と飴ちゃん名刺を渡す。

またどこかでー^_^

普通の旅人なら話しかけないと思うけど、びしょ濡れのライダーだとやっぱり気になるのかな?(笑)

バスから降りてきた人達がどやどやとトイレに向かって通り過ぎて行く。
びしょ濡れのライダーらしき女性は珍しいのかびっくりした顔で見られて恥ずかしい(笑)

温かいコーヒーを飲んで、冷えた体を温め、濡れた綿のTシャツを手で擦って摩擦で乾かそうとするが、そんなには乾かない。(笑)

少し雨が小降りになって来たのを見計らい、ゴアテックスのウインドストッパーを着て、その上に濡れた革ジャン、防水性の無くなったレインウェアを着る。

このウインドストッパーがあって本当に助かった。

なかったら風邪引いてただろうな。

防水グローブと呼んでいるテムレスをうっかり、レインウェアの上に出してはめていたため、雨が全部グローブの中に入り、革のグローブがビチョ濡れだった。

予備のグローブを出し、防水グローブをしっかりレインウェアの内側にしまう。
これはかなり大切なポイントだ。

走り出すと雨は弱まり、虹の松原を通って行きに来た道を引き返すルート。

白い砂利の恐怖スポットも通過して、海沿いの道を走る頃には、雨が上がり、感動的な絶景のフィナーレとなる。
IMG_5740.png
電車が並走し、原田マハ「最果ての彼女」を思い出す。
お兄さんの原田宗典さんの本、バイクが出てくるのが好きなんだけどなぁ。お兄さんにも頑張ってほしい。
IMG_5744.png
なんかすごい、修行っぽいラストだった。

しかし、また一つ、経験値が上がったという事かな(笑)

光のさす海を眺めながら、少し乾き始めた道を、すっかり仲良くなったエリミネーターくんと、気持ちよく走った。
IMG_5743.pngIMG_5749.png
畑の中の道を行き、高速の高架が見えてきて、また都市部へと入る。

給油をして満タンにしてバイクショップへと戻る。

予定よりだいぶ早く帰ってきた。

雨なのでどこにも寄らずに帰って来たのだ。

お天気が良ければ、寄り道もしたかったが、とにかく、無事に、一刻も早くバイクを返すというのが目的に変わっていたのだった。

それに、早く返せば、余裕を持って空港に着けるので、寄り道などもできるかもしれないと考えた。

無事にバイクを返して、ゼッケンを貼った際の両面テープの剥がし残りも、きれいに処理していただき、ドロドロのバイクも洗ってくださって、その間に汗だくになって着替えと荷造りをした。

お店にはカワサキのアパレルもたくさんあって、なかなか現物を見る機会がないので色々と見せてもらう。
初めて見たダブルちゃんのTシャツを1枚購入して、荷物の発送をお願いし、お礼を言って、お店を後にした。

あー無事で良かった

本当にすごい雨だった。

そろそろレインウェアを買い替えよう。(笑)

電車に乗って空港に着く
お腹が空いていたので、博多ラーメン+生ビールを食す。
うんまー!!)^o^(
IMG_5752.jpeg
やっぱりツーリングの後のラーメンとビールは最高過ぎるね。体も冷え切ってたので、ラーメンの温かさが沁みてくる。
空港グルメって結構良い!

だいぶ早く着いてしまったので、お土産をゆっくり選んで、卵の入ってないお菓子を探して購入。
IMG_5757.jpegIMG_5755.jpeg
屋上で離着陸を眺めてみたり。
ビアガーデンもあって、ちょっと惹かれるけど、もし気持ち悪くなったら嫌だから、
自粛しておく。(笑)

早めにチェックインをして本でも読もうかなと、思っていた。
・・・と、なんと!
予定していた便は2時間以上遅れる見込みで、振り替えの案内が出ていた。

早速カウンターでお願いするとすぐの便に乗れるという。
ラッキーー!!

予定より早い便で帰れる事になり、帰宅も少し早まった。

2泊3日で、飛行機+レンタルバイクで九州をツーリングするという初めての試みだったけど、さまざまな人の助けを得て、無事に終えることが出来た。

お世話になった皆様、ありがとうございました。

そして、またよろしくお願いします^_^

次はどこへいこうかな?
IMG_5633.jpeg
おしまい


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

]女性ライダーランキング
女性ライダーランキング

自然素材住宅ランキング
自然素材住宅ランキング

ナチュラルライフランキング
ナチュラルライフランキング
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

2024にっぽん応援ツーリング(2)レンタルバイクのエリミネーターde長崎県 道の駅松浦海のふるさと館ー佐世保市小佐々地区コミュニティセンター(最西端到達証明書)ー神崎鼻公園(日本本土最西端の地)ー平戸(オランダ商館)ー絶景ポイントーお宿 [ツーリング]

続きです^_^

道の駅松浦海のふるさと館に入るとすごく混んでいる。
広い店内だけど、人でいっぱい。

・・・と、お弁当のパックをたくさん持って出てきたお店の方が言った

ぶりの漬け丼と、アジフライ出来たてよー(^○^)

ええーー!!

それは食べたいかも。

そういえばこのあたりはアジフライが有名だとかで、でもここで食べれるとは思ってなかったし、しかも、ツーリング中の揚げ物は痛い経験もあり、普段は自粛しているのだ。

アジフライを見ると、二つのアジフライがパックに入ってて、めちゃくちゃおいしそう。

2つも食べれる?
後で胃にもたれるかな?
どんどんなくなっていくのを見て、思わず手に取っていた(笑)

ブリ丼とアジフライ!
IMG_5693.jpeg
思わぬところで海鮮料理にありつけた。

普段はブリ丼を出している食事処が併設されており、この日はGWの混雑緩和のため、弁当での提供なのだとか。

弁当を買ってみんな食事処で食べている。

空いているカウンター席に腰掛けて食べ始める。

うんまー!!)^o^(

おいしくてすごい勢いで食べてしまった(笑)

アジフライも全然脂っこくもなく、ペロリ

・・・と、隣りのお姉さんと母親の二人連れの方が話しかけてくる。

バイクなの?

はい^_^

どこから?

埼玉です^_^あ、飛行機で福岡まで来てレンタルバイクできました。

そうなの?あーびっくりした

良かったら、飴ちゃん名刺どうぞ^_^

ありがとう
娘も今度バイクに乗るっていうのよ

そうなんですか?

初めてのバイクで、大型のレブル1000に乗るのだという。

最初は慣れるまで少し大変かもしれませんけど、慣れたら大丈夫ですよ^_^

心配そうなお母さんだけど、こんな女性ライダーもいるって知ったら少しはほっとするかな?

お母さんの話によれば、さっき通ってきた道にあるアジフライのお店がおいしいらしく、混んでいるので今日は行かなかったとの事。

全然ちがうわよー

と、言われ、そういえばライダーが並んでいるのを目撃したなぁと思い出す。

アジフライのお店だったんだ。

また機会があれば、食べたいけどね、、

お母さんたちは伊万里からきたとの事で、地元らしい。どこへ行くの?と聞かれて、神崎鼻ですと言うと

・・・?

どこ?それ

えーっと、日本本土最西端の地です。

ふーん

(笑)(≧∀≦)

すごいマイナーなスポットらしい(笑)

気をつけてと言われて道の駅を後にする。

その後、南下して川沿いの道を走る。

突き当たりを右折して、佐世保市小佐々地区コミュニティセンターを目指す

トンネル手前を左折
IMG_5696.png

右手にコミュニティセンターが見えてくる。
IMG_5699.png
ここで最西端到達証明書がもらえるのだ。
IMG_5700.png
無人でセルフ方式だった。
併設の図書館には受付の人がいて、面白そうな本がたくさんディスプレイされていた。
こんなコミュニティセンターがある街いいなあ^_^

まだ到達する前だけど到達証明書をフライングでもらい、日本本土最西端の神崎鼻(こうざきばな)を目指す。
IMG_5703.png
コミュニティセンターから北上し、突き当たりを左折。道なりに進んで、標識に従って左折し坂道を下る。
IMG_5715.png
漁港を通り抜けて神崎鼻公園の駐車場へ。

たくさんのバイクが停まっており、バイク乗りってやっぱり極点好きなのかな?って思う。(笑)
IMG_5702.jpeg
何と、現役の昔のメグロの方がすぐ側にいて、昔、プラモデルで作った、あのメグロの本物だった。
IMG_5701.jpeg
すごーい

みとれてしまう。

現役で元気いっぱいで、エンジンも一発でかかるそう。

すごいなぁ

飴ちゃん名刺を渡し、スニーカーに履き替えて公園へと入る。

ここが日本本土最西端なんだ。

確かに、端っこ感がある(笑)

モニュメントがあり写真を自撮りしていると、次のカップルが待ってくれていて、ちょっと恥ずかしい(笑)
IMG_5706.jpeg
その後丘に登り、最西端に来た感慨に耽った。
IMG_5705.jpeg
やっぱり、自走で来た方が感動するとは思うけど、それでもここまで来れた事が嬉しい。
IMG_5704.jpeg
何となくワープをしてしまったので、後ろめたさも感じつつ、また機会があったらダブルちゃんとも来たいとも思う。

今は子供がまだ一人成人前だし、仕事もあるからなかなか長い休みも難しくて、厳しいけど、いつか、日本中を走り回りたいなぁ。

それには、体力、気力、財力(ここが一番の問題かな?)、そして精神力、暇が必要だ。

このにっぽん応援ツーリング、人によって様々な目的を持って回っている。
ただ極点を目指す人もいれば、私のように歴史や博物館、日本百名道や食べたかったものなども目的に巡ったり、参加者がマイページから見られる応援ポイントを巡るなど様々な楽しみ方がある。

まだ到達していない極点があるから、ただそれだけの理由で、旅に出る。

中にはボランティアをしたり、社会貢献をしている方もいらっしゃる。

にっぽん応援ツーリングの楽しみ方は人それぞれ自由だ。
目標があるというだけで家族にも理解されやすいんじゃないかなぁ。
漠然とここに行きたいだけではなく、また、Facebookなどでグループもあるので
一人でも一人ではないような、仲間がいるような、そんな、不思議な感覚だ。

最近は始まりと終わり、中間にミーティングなどもあり、参加者の交流の場にもなっているらしい。私は行った事ないけど。

基本的に男性が多いので、もっと女性が多ければ参加もしてみたいとも思う。
女性ライダーミーティングみたいのもあったら楽しそう!

さて、丘を下り、駐車場へ戻った。
もうバイクはほとんどいなくなっていた。

みんなどこへ行ったのだろう?

さてこれからどうする?

思いがけず少し時間があり、調べてみると平戸はそう遠くない。
そして、行ってみたかったオランダ商館もまだギリギリ開館時間に合いそう。

平戸城と両方は無理そうだけど、明日は雨の予報だから平戸に今日中に行ってしまいたい。

悩む間も無く、即決して出発だ。
IMG_5718.png
お天気と所要時間、そして開館時間のチェックは重要だ。

その後暗くなる前に宿に着けるかどうかも大切。

なかなかツーリングとは下調べと時間配分が求められる活動なのである。(笑)

平戸大橋を渡り、表示に従い右折。
バイク駐車場の表示の場所に入ると、ここではなく向こうに停めてと言われる。

はーい。

あまり車はいなかった。
IMG_5709.jpeg
スニーカーに履き替えて海沿いの遊歩道を歩く

平戸城や平戸大橋が見える。

長崎の平戸、来ちゃった。

オランダ商館は白い壁の大きな建物で、中へ入ると天井が高く展示されているものはとても貴重で素晴らしいものばかりだ。
IMG_5708.jpeg
江戸時代に外国の文化が入ってきた衝撃はどんなにすごかったのかな。
IMG_5707.jpeg
だんだんと弾圧の対象になってしまうくらい、蘭学も盛んになっていく。
(まんが「風雲児たち」を読むとかなり詳しく書いてあるので面白い!)

さまざまなお宝を拝見してオランダ商館を後にする。
時間的にお店は終わっていて、少し寂しい感じのメインストリートを通ってバイクに戻る。

さてお宿は少し戻った丘の上だ。

平戸大橋を渡り、左折して、そのまま道なり。

・・・と、突然視界が開けて、素敵な所に出た。
IMG_5713.jpeg
思わずバイクを停め、明日は雨だから今日が撮り納めかな?と、写真を撮る

うーんエリミネーター、絵になってるなぁ。
IMG_5714.jpeg
シンプルだから風景に馴染んでくれる。
IMG_5710.jpegIMG_5711.jpeg
さて、宿はこの少し先

・・・ん?

完全に丘を降りてきてしまった。(笑)

通り過ぎてる!!

右折して、もう一度右折。

さりげなく看板があり見落としていた。
IMG_5719.png
そしてようやく宿に到着!!
IMG_5723.png
やったー(*^◯^*)

今夜は食事付きの宿泊で楽しみだった。

どんな宿なのかな?

想像以上に素敵なお宿だった!
IMG_5725.jpeg
IMG_5712.png
続く^_^

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

]女性ライダーランキング
女性ライダーランキング

自然素材住宅ランキング
自然素材住宅ランキング

ナチュラルライフランキング
ナチュラルライフランキング
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

2024にっぽん応援ツーリング(1)羽田ー福岡ーレンタルバイクのエリミネーターSE400de深江神社ー唐津城ー唐津泊ー呼子朝市ー道の駅松浦海のふるさと館 [ツーリング]

こんにちはー(*'▽')暑い日が続きますね・・・
帰宅して冷えたビールを飲むのが楽しみです!(^_-)-☆
暑さに負けず頑張りましょう(*´▽`*)

さて、2024年4月27日から始まった今年のにっぽん応援ツーリング

ゼッケン343で参加中です

4月末に福岡にてレンタルバイクでツーリングをして来ました!

少し前の話になりますが、忘れないうちに・・・。

以下、レポートです(*^◯^*)

昨年のGWでは、伊良湖港から伊勢湾フェリーに乗り、三重県の鳥羽へ渡り、和歌山県、潮岬、翌日大雨の中和歌山港へ、徳島港へ渡り、翌日蒲生田岬へ。
その後香川県のこんぴらさんの近くで泊まり、翌日善通寺、高速で愛媛県佐田岬、岬近くのお宿に泊まり、翌朝再び佐田岬の後、フェリーで九州へ。
佐伯に泊まり、翌日鶴御崎、原尻の滝経由で新門司港からフェリーで横浜港、深夜帰宅でした。

すごく濃かった・・・。(笑)
詳しくは、2023年にっぽん応援ツーリングの記事をご覧ください。

お仕事があり挑戦できる時が限られてしまうため、何となく、このままだと16極の達成までは程遠く・・・。

特に、九州までは自走でも往復でかなりの日数が必要だ。

何とか、良い方法はないかなぁ?

ん?

そういえば、飛行機+レンタルバイクって言うのも一つのツーリングの形だ。

以前、ある展覧会を観に、愛媛県の松山市の博物館へ土日を利用して1人で飛行機で行った事があった。道後温泉にも入った!^_^

羽田から1:30とかで着いてしまうのがとても時短で驚いた。お昼頃には松山に着いていた。

空を飛ぶ怖さや、リスクはあるけど、一つの選択肢だなぁと、思って、活用する方向で検討を始めた。

荷物を送っておいて、お昼に現地に着いてバイクを借りれば、すぐに走り出せる。

琵琶湖のツーリングで数回レンタルバイクを体験していたこともあり、具体的にイメージができた。

問題は何のバイクを借りられるか。

借りたいバイクがあった。
Kawasakiのエリミネーター400SEだ。
IMG_5617.jpeg
昨年のモーターサイクルショーにて、そのシンプルなデザインに魅せられ、跨らせてもらい、その足つきの良さに感激し、ダブルに乗れなくなったら、コレかな?とまで思って、試しに乗ってみたかったのだ。

しかしその後なかなかレンタルする機会がなく、今に至っていた。

レンタルバイクにもさまざまなお店があって、チェーン展開しているレンタル819や、モトオークレンタル、または個人のお店で行っているレンタルなどがあり、車種で探して予約をした。

この時、エリミネーター400SEのノーマル状態に荷物を積む機能がなく、リアフェンダーが金属ではないとは全く知らずにいて、以前ホンダのレブルを借りた際にしたように、フェンダーの縁に傷防止の透明ジェルシートを貼ってフックを付ければ大丈夫かなと思っていたのだった。

しかしこの考えは間違っていた事を後で知る事になる。

【当日】
羽田空港へは早めに到着し、空港で各地のご当地グルメを楽しむ。サーモンいくら丼や、モンブランなど♪早めに到着すると余裕があって良いー(^O^)
食いしん坊な私(笑)
IMG_5620.jpeg
空港のチェックインはスマホのQRコードをかざせばOK

手荷物検査を済ませて搭乗口へ。
IMG_5616.jpeg
座席の場所順に搭乗案内があり、再びQRコードをかざす(成田ではなく羽田発が良かったので、JALにしてみた。)

座席にはモニターがあって個別に映画やドラマなどを見られる。
斜め前にトムクルーズのアクション映画を観ている人がいて、その人の画面で楽しませてもらった(笑)
IMG_5619.jpegIMG_5618.jpeg
後ろの座席のため、荷物入れが小さくて、3人掛けなのに2人分のスペースしかなくて、空いてなかった。とりあえず足元に収納で特に問題無し。

離陸と着陸はとても緊張するけど、飛行中は快適で、飲み物のサービスがある。
IMG_5623.jpeg
着陸間近に窓から見える島々や、海の景色に釘付けになる。
なかなか見られない風景だ。

福岡空港は都市の中にあった。
IMG_5622.jpegIMG_5621.jpegIMG_5626.jpeg
空港から電車で博多駅を通過して九大学研都市駅まで行く。
IMG_5625.jpegIMG_5624.jpeg

海沿いを走ったりして時々絶景が見えて期待が高まる。

駅を降りてガード沿いに東へと向かうと信号があり渡って左手にバイクショップが見えてくる。
IMG_5629.jpeg
IMG_5628.jpeg
事前に送っていた荷物を受け取り、レンタルバイクの手続きをする。

その後荷物を積む事ができるかどうかスタッフさんと確認してみると、このままでは荷物を積むのが無理だけど、せっかく埼玉から来てツーリングできないのは気の毒との事で、工夫して下さり、無事に荷物を積む事ができた。

ありがたや〜( ;∀;)

こうしてようやく福岡を走り出す。

目指すのは唐津城のあたり。

お店の前の道を南下し、信号を右折。
トラックも多い高架の下を進んで、途中左折すると急に山と畑の広がる大自然の中^_^
IMG_5627.jpeg
Googleマップで交通状況を事前に見て、国道はとても混んでいるとわかり、ローカルな道を選んだ。

大正解ー(*^◯^*)

都会の機能と田舎ののどかさが同居している街だ。

更に信号を右折し、畑の中の道を快適にエリミネーターくんを走らせ東を目指す。

ポジションに全く無理がなく、足つきは最高。
車体は軽くて、スイスイ
ダブルちゃんに比べると、一速ではほぼ進まないので青信号でこまめにギアチェンジが必要だ。

ギアは硬くなく、スムーズで、ニュートラルにも問題なく入る。
まだあまり乗ってないのかな?宜しくね。

突き当たりを左折し、深江駅前の信号を右折。
突き当たりの深江神社へ。
IMG_5636.jpegIMG_5644.jpeg
地図を眺めていて、偶然見つけたこの神社、秀吉が茶会をしたという歴史のある神社のようだ。

それに、いつも能登で参拝させていただいている深江八幡神社と名前が同じー(^O^)

深江神社でエリミネーターくんに深江八幡神社でいただいてきたお守りを装着する(笑)
IMG_5643.pngIMG_5638.jpeg
深江つながり^_^
IMG_5641.jpeg
1人で車で来ていた男性が、バイクを見て、いいですねー^_^と、話しかけて下さり、自分も乗ってみたいけどこの歳ではねぇ、と、羨ましげにエリミネーターくんを眺めていた。

とても乗りやすいのできっと大丈夫ですよ!と、励ましてお別れする。

エリミネーター400SEは、とても乗りやすいバイクだ。
IMG_5635.jpeg
お参りしてセルフ方式のかわいい御朱印をいただいて、心癒されて深江神社を後にする。
IMG_5637.jpegIMG_5639.jpeg
やっぱり神社って落ち着くなぁ。
IMG_5630.jpegIMG_5631.jpegIMG_5642.jpeg
旅の道中安全を祈願した。
IMG_5640.jpegIMG_5645.jpeg
神社の前の細い道を南(右)に出て、突き当たりを右R202へ。
信号がなくなかなか車が途切れず進めない(^◇^;)

走り出すと、時折右手に煌めく海が見えてくる。

海のない埼玉県から来たので感動半端ない

海沿いの道と、少し内陸の道があり、わざわざこちらを通るのはドライブしたい人だけなのか、順調に流れていた。

途中のパーキングでいったんバイクを停めてパチリ
IMG_5648.jpegIMG_5647.png
出発してすぐ、後ろから地元の車が来たので譲ろうと、道路脇のスペースに寄ろうとして進入したら、なんと、白い小さな砂利だった。転びそうになりかなり焦った。

白い砂利怖い!!

遠目で砂利ってわからない砂利にいきなりつっこんでしまい、かなり怖かった。

こんな時足つきの良さがかなり重要だと思う

無事に砂利を脱出し再び走り出す。

あー怖かった

佐賀県に入り、虹の松原を通る。
IMG_5650.pngIMG_5654.png
倒木注意の看板がかなり怖いけど倒木は無く、嵐の後などは枝とか落ちたりしていて危ないのかなと思う。

ずっと続く松の間の道を進む。
木漏れ日が気持ちいい。

途中のPAにて
IMG_5649.jpeg
松原を抜け唐津市東唐津を右折
橋を渡っていると前方右手に唐津城が見えてきた。
IMG_5655.jpegIMG_5646.jpeg
お城って見えた時にすごく感動する。
お城のあった時代を感じる事ができるし、復元したりして大切な街のシンボルとなっている事が素晴らしい。

バイク置き場は事前に調べて道沿いの左手に突然看板が出てくる場所だ。
IMG_5651.pngIMG_5656.png
IMG_5657.jpeg
駐車場にバイクを停めスニーカーに履きかえる。

お城まで地下道をくぐり、向かう。
IMG_5659.jpeg
するとエレベーターがあると書いてある!
わーい(^O^)

迷わずエレベーターへ(笑)

斜めに進む不思議なエレベーターだった

早速最上階の展望台へと

わおー

走ってきた虹の松原や唐津港が一望できた。
360度のパノラマ
IMG_5653.jpeg
トンビが飛んでいた。

海がきれい!

しばし見とれて、閉館時間が迫りそれから急いで館内の見学。

お城の中が博物館になっているパターンが多くて、でもその土地の歴史があって展示は全く違うので面白い。

お城と藤の花のコラボが素敵だった。
IMG_5652.jpeg
駐車場へ戻り、若いカップルのタンデムカワサキライダーさんに飴ちゃん名刺を渡してお気をつけてと別れる。(^○^)
IMG_5658.jpegIMG_5662.jpeg
さて、宿はすぐそこだ。

次の信号を左折し、二つ目くらいの信号を右折、唐津駅の手前を、左折して、道なり。小さな川沿いのビジネスホテル。

一番入口に近い駐車場が空いていて、そこへ停める。

ありがたや〜(^o^)

お部屋に入ってすぐにシャワーを浴びて着替えたら宿を出て北へと向かう。

少し歩くけど、呼子のイカが食べられるお店があるらしいのだ。

呼子のイカは前からずっと憧れていて、明日も呼子に行くのだけど、お店の混み具合が心配だった。

何時間も待つのは時間がもったいないし、ツーリング中に満腹になると眠たくなってしまうし苦しいからなるべく避けたかった。

夕方5時を過ぎた唐津の商店街は閑散としていたがぶらぶらとお散歩している人も多い。

唐津神社でお参りし、さらに先へと進む
IMG_5661.jpegIMG_5660.jpeg
早い時間のため席は空いていた。
IMG_5665.jpeg
お座敷で仕切りのある隣りの席には、やはり一人旅っぽい男性
食べ終えて、残りのイカを天ぷらでお願いしますと言っているところだった。

チラリとみたその透明なイカに、テンションが上がる(笑)

そして・・・
来ましたー(*^◯^*)
IMG_5663.jpeg
コリコリした食感と、ねっとりとした歯応え
これが呼子のイカ・・・
IMG_5668.jpeg
素晴らしいー(*^◯^*)

ゲソは天ぷらにしていただき、これもまた、美味しい
IMG_5667.jpeg
お酒もおいしくいただき、宿へと戻ります
IMG_5664.jpeg
繁華街からは少し離れているので、良いお散歩になりました。
IMG_5666.jpegIMG_5671.jpeg
IMG_5670.jpegIMG_5669.jpeg
部屋に戻りテレビをつけてチャンネルを順番に変えていたら、何故か2つのチャンネルでAVが流されていた・・・。

【翌朝】
バイキングの朝食をいただき、出発!
IMG_5673.jpegIMG_5672.jpegIMG_5674.jpeg
呼子へと向かう。
もうイカは食べちゃったけど。
IMG_5679.pngIMG_5678.png
途中、何か奇岩の名所っぽい看板があり、立ち寄ってみる。
IMG_5683.pngIMG_5682.jpeg
んー、確かに、、、。

スズメ蜂がいてちょっとびびる。

レンタルバイクはスペアキーがないから、無くしたらアウトなのですごく気を遣う。
必ず、カラビナにひっかけてからしまう。

奇岩を出て海沿いの道をゆく。

海面が朝日に煌めいていて、すごくきれい。
IMG_5680.pngIMG_5676.pngIMG_5675.png
佐賀県でツーリングをしている事が夢のようだ。苦労せずあっけなく走れてしまっていることに少々後ろめたさもあり、、ちょっと複雑ではある。(笑)
IMG_5677.jpeg
エリミネーターはとても乗りやすくて、馴染んできた。

レバーも固くないし、遠くもない。
さすが女性のために考えられているだけのことはあった。(マザーレイクラリーでKawasakiモータースジャパンの社長さんが言っていた)

呼子の朝市は日本三大朝市の一つと言われているらしい。
駐車場は朝市通りの奥にあるようだったので、そちらへと向かう。
8時を過ぎ、既に人が大勢来ていた。
IMG_5681.pngIMG_5684.png
港の信号を右折し海沿いに進むと駐車場の看板があり右折する。
満車の札を持ったおじさんが、満車の札を見せてきた。

えっ!?
もう満車なの?

進んでいくと突き当たり左手に駐車場があり、バイクと書いてある場所には一台も停まっていなかった。

満車じゃない・・・。(^◇^;)

意地悪だなぁと、ちょっと不愉快になるけど、無料で停められるだけありがたい。

バイクを停めて、スニーカーに履き替えて朝市へ。
IMG_5686.png
さざえの壺焼きを食べようと思っていたので、一ついただく。
IMG_5690.jpeg
うんまー!!

その後、イカの輪切り串焼きタレ付きもいただき、朝市グルメを満喫
IMG_5689.jpeg
家族へのお土産を発送
呼子のイカ刺し冷凍と、冷凍海鮮珍味(イカ塩辛、たこわさ、など)

ちょっとお高かったけど、罪滅ぼし料である。(笑)

生物が買えなくて残念だったけど、仕方がない。
クジラの漁で栄えたという家を見学し、
朝市を後にして棚田へと向かう。
IMG_5685.png
しばし進むと名護屋城跡なるものがあり、さまざまな武将の陣跡も出てくる。
めちゃくちゃ気になるけど、ちょっと時間的に無理なのでまたいつか^_^
IMG_5688.png
途中、玄海原発のあるあたりの海沿いを通る。
こんな美しい所にも原発が・・・。
後日、新聞で報道されているのを見て、とてもリアルに感じた。

こうして知らなかった日本の色んなところを見ると、今まで自分が知っていた日本とはほんの一部に過ぎないと思う。

まだまだ知らない日本があちこちで、私を待っているー(≧∀≦)

バイクで来ることが難しいと考えていたところに来れたことで、かなり感激していた。

道沿いの浜野浦の棚田用パーキングがあり、バイクを停めて展望台へ
IMG_5691.png
海沿いの棚田って素敵^_^
IMG_5694.png
IMG_5695.jpeg
神社も、朝市も、棚田も、原発も・・・。能登を思ってしまうなぁ。

能登が1日も早く復興しますように。

美しい風景を見て癒されて、また走り出す。

革ジャンでは少し暑くなってきた。

4月の下旬だが、気温は初夏の陽気
25℃を超えると革ジャンは厳しくなってくる。

伊万里湾大橋を渡り、長崎県松浦市に入る。
IMG_5692.png
道の駅松浦海のふるさと館が目的地だった。
海沿いの道を走り、道の駅に到着すると・・・

えーっ!?すごい車の数。
車がいっぱいで、駐車場には全く空きがない。
バイク用の駐車場がなく、道の駅から離れた端っこに停めた。

何でこんなに混んでるの?

何も調べずにただ来ただけなので、とても不思議だった。

中に入って、なるほどと納得する事になる・・・!(^O^)
IMG_5693.jpeg
続く



























nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

(4)MOTHER LAKE RALLY2024レポート ずぶ濡れのパレード篇 [ツーリング]

続きです

渡岸寺観音堂の駐車場を出て、酒屋さんの角を左に曲がり、踏切を越えてから左折。(R8)

道なりにしばらく行くと、長浜城方面への看板が出てくるのでその先を右折。

T字路を左折。

思ったより時間がかかってしまって、ギリギリ!!

Googlemapの検索は、最短時間なので鵜呑みにしてはいけない。

いつも思うけど。

青い歩道橋の信号を右折。

誘導に従いバイクを停める。

一般の方ですか?と聞かれて、一般て何ですか?と聞くと、WIMAの方かそうではない方かとのこと。

一般ですー(*^◯^*)
IMG_5288.jpeg
今回も前回もWIMAという女性ライダーの国際交流組織の方々が様々なバックアップに協力されていて、パレードでも数人に2人ずつ先導して下さるとの事。
列が途切れた時に前を走って下さるのだとか。
安心だなぁ(´∀`)

朝お話しした方もWIMAの方で、現地集合の台湾レンタルバイクツーリングの話など、とても興味深かった。

世界の女性ライダー同士が、交流するって、何て素敵なんだろう。

以下WIMAJAPANウェブサイトより

「WIMA 日本支部 | WIMA(国際女性ライダー連盟)は、ウィマまたはウィーマと呼ばれ、女性ライダーだけで運営する国際組織です。
https://wima.gr.jp/

Women's International Motorcycle Association(国際女性ライダー連盟)を略してWIMA(ウイマ)と呼ばれています。1950年から続く、女性ライダーの親善・交流・進歩を目的とした国際組織で、この理念に賛同した約40カ国の会員がそれぞれの国で活動を続けています。
本部は特に設けず、WIMAインターナショナルのホームページを中心にインターネットを通じて加盟支部が繋がっており、国際的には年に1度(2回の年もあり)の国際ミーティング(ラリー)で集まり、国内でも年2回のミーティングなどの機会を通して交流しています。一般的なツーリンググループとは少し違うので、想像しにくいかも知れませんが、宗教的・政治的背景は一切ありません。
WIMAは、前述の理念を共有した上で、各支部が独自の活動を展開しています。ライダー間の交流はもちろんのこと、各支部およびWIMA全体で社会貢献活動(チャリティ活動など)も行っています。 国際・国内ミーティングは、有志が参加するイベントの1つで、海外ツーリングを目的とした団体ではなく、WIMAの理念を理解した会員のバイクライフそのものが日々の活動だと言えます。そのため、日本に居るどなたでも日本支部に参加できます。」

私が初めてWIMAJAPANを知ったのは去年の東京モーターサイクルショーで代表のsさんがトークイベントに参加されていた事からだった。

その後、第一回マザーレイクラリーでもブリーフィングで挨拶をなさっていた。

女性ライダーのバイクイベントに、WIMAの方々が協力して下さっているのは心強いなぁ。

皆さんとてもカッコいい。

目標とする女性ライダーと出会える事は本当に嬉しい。

かつて堀ひろこさんが夢見ていたような時代が、来たんだなぁと、感慨深かった。

三好礼子さんの本「レイコ」1988年晶文社より

女性ライダー堀ひろ子さんへの追悼メッセージ「妖精になってしまった人」でレイコさんはこう書いています。 「これから先ますます女性ライダーが増えていくだろう。当然のように街を駆け抜け、自然にバイクを生活の中に同化させ、新しい時代を造っていくのだ。そんな時、いつも心の隅の何処かに、一生をバイクと共に過ごした素晴しいライダー堀ひろ子という女性がいた事を忘れないで欲しい。そして彼女が、"皆やるじゃない。これでホントに安心だワ"と思ってくれる位、いい時代を造って行かなくちゃいけないんだと思う。それが一番彼女が喜んでくれることだと思う。
すべては残されたライダーにかかっているのだから、みんな!100パーセントの充実度でイイバイクライフを送り、イイ時代を造って行こうネ!」

きっと、天国からニコニコして見ているだろうなぁ。

そんな事を考えながら、パレード待ち。
おしゃべりしながら、ようやくサラダパンでお昼ご飯(*^◯^*)おいし〜

日差しが強くて、この日の気温は32℃ほど

しっかりと水分もとって、日本応援ツーリングのビブスをジャケットの上に着る。

無い人は貸し出しのビブスを着て、出発だ。

・・・と、、
雨雲が近づいているとの情報が。
スマホの雨雲レーダーを見ると、恐ろしく大きな赤い(雨が強い)雨雲の塊が、琵琶湖を横切るようだ。
しかも、パレードの時に、かぶってる。

荷物にだけレインカバーをして、ほとんどの方はレインウェアを着ない事を選択し、出発となった。

走り出すと、雨雲が近づいてきているのがわかる。

空に渦巻く雨雲

IMG_5287.jpeg

どうか降らないで!!
IMG_5284.png
降りそうだからなのか、いつもそうなのかわからないが、想像以上にペースが速くて驚く。
30キロくらいで走るイメージだったけど、全然違って、必死で前の人についていく。

マスツーのような感じだ。
IMG_5282.png
・・・と、途中道の駅水鳥ステーションの手前あたりから雨が降り出す。
IMG_5283.png
沿道で手を振る人もいるはずもなく、雨の中、女性ライダー達は隊列を組み、白バイに先導されて長浜伊香ツインアリーナを目指す。

すれ違うバイクライダーが手を振ってくれるので、振り返す。

60人もの女性ライダーが白バイに先導されて来てびっくりしただろうな!!(笑)

なかなか無いですよね。
IMG_5273.png
ようやく曲がり角に来て、ゴールへと向かう。
IMG_5281.png
ゴールゲートがとても嬉しく感じた。
IMG_5279.pngIMG_5278.png
ずぶ濡れだけど、涼しくなって、清々しくさえある。

ずぶ濡れの女性ライダーたち、みんな、笑顔だった。

バイクを停め、ゴール受付をした。ポイントは6ポイント。5ポイントでポイント達成(完走)となる。完走記念ステッカーと、参加賞のひこにゃんストラップをもらう。
あぁ、面白かった!!(*'▽'*)

アリーナでは雨のため急遽中で演奏する事になった虎姫高校吹奏楽部の皆さんの演奏が始まるようだった。

ちょうど演奏が始まるところだった。

「センチュリア」でパレードのフィナーレを盛り上げて下さる予定だったそう。
すごく壮大な曲で、感動と感謝でウルウルしてしまう。

その後「学園天国」で、盛り上げて下さり、みんなで手拍子しながら演奏を楽しんだ。

すごく上手な演奏で、感激。

滋賀県の高校生頑張ってるなぁ。

その後、長浜警察署より交通安全についてのお話と、交通安全グッズ(反射素材の動物キーホルダー、タオルハンカチ)をいただき、嘉田由紀子さんと風間深志さんのトークが始まって、和やかな雰囲気に。

残念ながら途中で4時を過ぎ、タイムリミットに。
レンタルバイクを5:30には返却したくて、会場を後にした。

一時的に雨は上がっていたが、レーダーを見るとまだまだ降りそう。

しっかり装備して出発する。
IMG_5277.pngIMG_5276.png
RSタイチのスタッフさんが手を振ってくれて、振り返す。
ありがとうございましたー(*^◯^*)
反射板にRSタイチのステッカーも貼っていた。(配布されたRSタイチ協賛のマザーレイクラリーフォトフレームを使って写真を撮り、写真をスタッフさんに見せるともらえる)

田んぼの中の道を琵琶湖に向かって走ると、雨の中ラリーを回って来たライダーがゴールに向かって来て、すれ違いに手を振る。
IMG_5274.png
おつかれさまー(*^◯^*)

灰色の琵琶湖を雨に打たれながら眺めつつ、長浜市、彦根市を抜け、近江八幡市へと戻る。
IMG_5272.png
前回雨でシールドが見えにくくてとても大変だったので、しっかり撥水加工をしてきた。
おかげでだいぶ快適に走れた。

レインウェアはやっぱり、少し沁みてくる。もう替え時かなぁ?そういえば20年以上使ってた(笑)(≧∇≦)

元来た道を戻るだけなのでとても楽。

いったんお店を通り過ぎ、六枚橋を左折してガソリンスタンドで給油をして、ゼッケンを剥がしてバイクショップに戻る。

すぐに着替えさせていただき、荷造りをして荷物を預け着払いで発送をお願いする。
前回懲りたので濡れたレインウェア、革パンなどは持ち帰る事にした。

最後はそこまで降っていなくて助かった。

バイクのチェックをしてもらいお店の方にお礼を言って駅に向かう。

すると、ゲリラ豪雨のような大雨になった。
折りたたみ傘で必死に防ぐが、荷物も体も濡れてしまった。
そして電車のエアコンがまた、寒い!!

近江八幡駅から京都に向かい、京都駅で近江牛弁当とプレモルでプチ打ち上げ。
IMG_5271.jpeg
おつかれさまー(*^◯^*)

こうして新幹線にて帰路についた。

帰宅したのは日付が変わる頃。家族はもう寝ていた。

土日をフルに使ってマザーレイクラリーに参加できた事に感謝し、家族にも、八ツ橋などのお土産を選んだ。

翌日

八ツ橋を見た娘
娘 「私来週京都に修学旅行なんだけど・・・」(京都なので、八ツ橋がかぶる)

ピ 「大丈夫、みんな大好きだから何回食べてもいいんだよー!!」(^◇^;)

・・・と、気づいてはいたけど、ちょっと冷や汗をかいたのだった。(*^◯^*)

おしまい。















nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

(3)MOTHER LAKE RALLY2024レポート 2日目スタート式〜奥琵琶湖パークウェイ〜木之本地蔵院〜つるやパン〜渡岸寺観音堂(国宝十一面観音)篇 [ツーリング]

続きです。

2024年6月16日(日)

6時起床
朝食は無しの宿泊で、朝早く(7時頃)にチェックアウトするとの事を伝えてあった。

革パンを履く前に荷物を担いで、階段を降り、バイクに乗っける。
夜に雨が降ったのかバイクは濡れていた。

・・・。ん?

ウエス忘れた!!

雨の予報なのにウエスを忘れるとは、やってしまった。

宿のタオルで何とか解決(^◇^;)

持ち物リストにウエスを入れなくては。

かなり重要だ。

荷物を積み、部屋に戻って革パンを履いてヘルメットやマップケースを持って降り、精算をした。

また宿泊したくなる、あたたかな素敵なお宿だった。

マザーレイクラリーという女性だけのバイクラリーで、去年は七月だったけど今年から6月になり、今後毎年6月で定番化するかもしれないと言うお話しをした。(かも、だけど)
全国から女性ライダーが集まってくると言う話をして、お世話になったお礼を述べて宿を後にした。

荷造りは先に済ませているのでスムーズに出発できる。

宿の前の路地を右に出て、T字路を左へ行くと木之本地蔵院がある。
大きなお地蔵さんの銅像が目印だ。
朝早いので後で来る事にする。

右へ曲がるとつるやパンや七本槍(日本酒)の酒屋さんがある。
早朝だからもちろん閉まってる。

この通りはすごく宿場町の雰囲気があって、素敵だった。
駅も近いし、歩き旅で来るのも良さそうだなぁ。

歴史のありそうな建物の前でパチリ
IMG_5389.jpegIMG_5390.jpeg
後ほど、ここへまた来ることになる。

通りを南へと進んで、信号のない交差点を右へ。

信号を左折、次の信号を右折。

長浜伊香ツインアリーナはすぐそこ。
暑くなると見込んで半袖でメッシュジャケットを着たら、寒いー(^◇^;)

早朝からスタンバイして下さっている誘導の方に従って駐車場にバイクを停めた。

7:30(ちょいフライング)
4番目だった。

宿が近いと、楽だなぁ

昨年は少し離れた宿で、早起きが必要だった。

そこもまた、素敵な宿だったけど、、クラフトビールのお店も近かった。

長浜城の豊公園駐車場から長浜伊香ツインアリーナまでは19kmあるらしい。
果たして、19キロのパレードって一体どんな感じなのか?
あまり想像付かなかった。

前日の受付で、パレードを申し込んでいた。
最大60台らしい。
女性ライダー60台のパレード見たことないなぁ。
とても楽しみだった。

お天気も大丈夫そう!

・・・しかしこの考えは間違っていた事を後で知る事になる。(笑)

とにかく、何もかもが楽しみ♪

そんな1日の始まりだった。

お隣のライダーさんに飴ちゃん名刺を渡したり、昨日買ったばかりの革パンを履いてきた事や、レンタルバイクで2回目の参加と言うことなど、初対面でも話題は尽きず、、

プレミアムSSTRで同室だったmちゃんとも再会^_^

インスタで繋がってるからオフ会みたい(*^◯^*)
IMG_5400.jpeg
楽しいなぁ。

普段一人で走ってるから、余計に、嬉しくて仕方がないのかも。

それに、女同士って、なんかイイ!!

みんな和気あいあいとして、笑顔がこぼれる。

集合した時点でもう、楽しいけど、これからまたバラバラに分かれて、各自の行きたい場所へ行って、13時に豊公園駐車場で再会で、パレードに参加する。

もう、ワクワクしかない(≧∀≦)
IMG_5388.jpeg
風間さんもいらして、皆でワイワイとおしゃべり。

ブリーフィングの時間になり、長浜市町さんからの激励や珍しく真面目な(!?)風間さんのお話があった。記念写真を撮って、各自バイクにつく。
IMG_5387.jpeg
来た順ではなく、ゼッケン順でスタート式が行われた。

45秒ずつ2人が一緒にスタートする。

スタート前に風間晋之介さんに質問されて、よく聞こえなくて、はい?と聞き返したりして、ちょっと恥ずかしかったー(๑>◡<๑)
IMG_5374.jpeg
スタートして、同時にスタートした方は右へ。私は左へ。また後でね!!
ばいばーい

後でね!があるって、なんか嬉しい(*^◯^*)

最初の分岐を右、伊香消防署を左。
IMG_5372.png
塩津を左、信号を左でスタートから30分のみの写真撮影スポットを通過^_^
IMG_5364.png
この道、去年も走りましたー(*^◯^*)
IMG_5360.pngIMG_5363.png
最初の絶景ルート
写真が楽しみ♪

分岐を左へ

高架をくぐってすぐ左が奥琵琶湖パークウェイの入口
一方通行になっているみたいで、西からつづら尾崎展望台へ到達して東へと抜けるルート。

雰囲気のある民家の間を抜けていく
IMG_5348.png
時折右手に琵琶湖が見えて絶景に目を見開きながら、、
IMG_5377.png
クネクネ道などを気持ちよく走って、、
最高のツーリングロード!!
IMG_5375.png
途中、竹生島を望む場所にて記念撮影^_^
IMG_5378.jpeg
な、な、なんて素敵な風景。
IMG_5340.jpeg
釣りをしている方々も。

琵琶湖は水をたたえ、とても大きくて海のよう。
古代からあると言うこの湖が女性ライダーたちを結びつけてくれた。
母なる湖、MOTHER LAKE

私たちライダーは自然に感謝し、自然を大切にし、自然を愛する。
IMG_5339.jpeg
琵琶湖の水質保全にマザーレイクラリーの参加費から一部を寄付するのだと言う。
IMG_5338.jpeg
この日は元、琵琶湖博物館研究顧問、元滋賀県知事、現参議院議員の嘉田由紀子さんのトークがあると言う。これも楽しみ。活躍している方の話を聞くのは楽しそうだ。

昨年はお会い出来なかったので、今年こそはお会いしてみたかった。

女性たちが集まると、元気で明るくて、笑顔が絶えなくて、本当に楽しい。
IMG_5356.jpegIMG_5301.pngIMG_5343.png
つづら尾崎展望台に到着。
IMG_5302.jpeg
バイクは数台。

マザーレイクラリーのゼッケンのバイクも数台。

眺めは・・・
IMG_5337.jpeg
良いですよー(*´▽`*)
IMG_5304.jpeg
望遠鏡にカマキリの赤ちゃんがいた。

ショートヘアの女性ライダーさんがいてお話する。
兵庫からだそう。

初参加とのことで、楽しんでいた。
飴ちゃん名刺に書いておいた「SSTR6回参加、にっぽん応援ツーリング2020年から毎年参加日本16極挑戦中」にも気になったのか質問してくれた。
話のネタになってよかったー(*゚∀゚*)

本日ツーリングが2日目だと言う初心者女性ライダーさんもがんばってここまで来ていた。
がんばってねー!!
と、少し余裕を見せて見送る。22年前の自分を見ているよう。

名残惜しいけど、皆さんに別れを告げて下り始める。

下り始めて少しした頃、いきなり茶色いものが左から飛び出してくる。

えっっ!!?

何?

よく見るとたぬきだった。

轢かずに済んだけど、その後一回り大きな母だぬき?も飛び出してきたのがバックミラーで見えた。

こわー。

飛ばしてたらやばかったけど、風景を楽しみながらのゆっくり安全運転だったので、何とかなった。

スピードを出しすぎずにゆっくり走るのも、大切だなぁ。と、身に沁みた。

そして、やっぱり鹿よけの笛はレンタルバイクにもつけねばと思った。

琵琶湖だと思って、持ってきていたけど付けずに油断していたのだ。

次からはレンタルバイクにもしっかりつけようっと。

奥琵琶湖パークウェイが終わり、元来た道を戻る。突き当たりを右、塩津を右へ。

道なりに進めば突き当たりが木之本地蔵院だ。
駐車場は、突き当たりを右折してすぐの路地を左へ入った右側。(大きめの砂利)
IMG_5299.jpeg
砂利だけど仕方ない。

バイクを停めて、ご朱印帳と飲み物を持って、先につるやパンへ寄ってサラダパンとまあるいハムチーズサンドを購入。今日のランチはコレ♪
IMG_5297.jpeg
ツーリングでは、ゆっくりランチをしている暇があまりなく、いつでも食べられるようにパンを買っておくととても良い!(^ー^)

・・・と、つづら尾崎展望台で会った #96ちゃんと再会(笑)

やっぱり来るよね!

つるやパンもマザーレイクラリーのWPなのだ。
それに、サラダパン、去年食べて、また食べたくなってしまった。
たくあんがマヨネーズ和えされているのでさっぱりしておいしい。
塩分も取れて、熱中症予防にも良さそう♪

さて木之本地蔵院へ。
IMG_5295.jpeg
木之本の宿に来るまで、ここの存在を知らなかった。
しかし何と、日本の三大地蔵の一つだと言うのだ。
三大ナントカには結構弱い(笑)。

とても歴史のありそうな地蔵尊で、きっと芭蕉も訪れたに違いないと、確信して訪れた。

木之本地蔵院 | 長浜・米原・奥びわ湖を楽しむ観光情報サイト
https://kitabiwako.jp/spot/spot_1066

調べてみたら、おくのほそ道の曾良旅日記に木之本宿に泊まったと書いてあった。
どこに泊まったんだろう。(*'▽')

お参りして御朱印をいただき、お地蔵さんにもお参り。
IMG_5294.jpeg
本尊は秘仏なので、これは拡大したものだ。

少し行くと、御戒壇巡り
と書いてある入口が。

あの、善通寺でやった、真っ暗闇の中を壁伝いに歩く、アレのようだ。
何の気なしに、やってみることに。

300円を入れて、進んでみる。

本当に真っ暗

・・・怖ー

6回目の角を曲がったところに鍵があると書かれていた。
何の鍵?

壁を伝ながら、何度かかどをまがる。
結構長いし、音もなく、誰もいる気配もない。

・・・こ、怖すぎ

すると金属のようなものが手に触れた。
これ?鍵って?
でももう怖くて一刻も早く出たかった。

少し行くと光がさし、やっと現世に戻れた(笑)

ひんやりと涼しくて、怖くて、異世界体験のようだった。

誰もいないし真っ暗で、誰が入ったかもわからないため、もしも中で倒れたらやばかった。

色んな意味でドキドキする場所?だった。

さて、この後は渡岸寺観音堂へと向かう。

慎重に砂利から脱出し、パンをバッグに納めて、出発ー(*^◯^*)

何しろ時間が押していた。

つるやパンの前を通り、突き当たりの交差点を左へ。
信号を右折して道なりだ。

途中、カフェkがあって、ここも行ってみたいけど時間がなく・・・

ポイントだけ、登録(^◇^;)
IMG_5296.png
大きな木のある信号を右折し、道なりに行くと左手に駐車場があった。
マザーレイクラリーのバイクが数台停まっていた。
IMG_5292.png
150mとの事で、急いで向かう。

途中すれ違った人が、Facebookで見たW乗りの人で、あっ!!
って思ったけど、向こうは気づくはずもなく(笑)
すれ違う。
IMG_5293.jpegIMG_5290.jpeg
拝観料を支払って、御朱印帳を預けて、本殿に入る。
渡り廊下の先に、人が待っていて、大きな扉を開けてくれた。

わーーーーー

ふくよかなボディの十一面観音様がそこに立っていた。

国宝、らしい。

一木造りで、美しい姿に見とれる。
案内のテープが流され、その間ぐるぐると回って眺める。
頭上にある顔の中で、後ろの顔が面白い。

十一面観音様の体型をみて、何となく、自己肯定感(笑)

だんだん観音様に近づいているのかな。(≧∇≦)
いや、超えてる?

・・・だんだん近づいていると言うことにしておこう。(笑)

今日はバイクのイベントなんですか?と、スタッフの方に話しかけられ、先ほどもバイクの方たちが来ていましたと言われる。

そうなんです、こちらがチェックポイントになっていまして、、( ◠‿◠ )
この素敵な観音様と巡り会えた事に、感謝しつつ、面白いラリーだなと思う。

観音様は逃げませんから、またゆっくり来てくださいね。
と、優しい言葉をいただき、観音堂を後にする。

心が洗われたWPだった。ツーリングで寺社仏閣に立ち寄ることが多いけど、
いつも結構癒される。
IMG_5289.jpeg
さて、御朱印帳を受け取り、急いでバイクに戻る。
IMG_5291.jpeg
すると、現代版メグロに乗った女性ライダーさんがいて、ピら手さんですか?と、、。

はい、そうです!!(*^◯^*)

この質問されるの夢だったー(笑)

夢、叶う。(*^◯^*)

飴ちゃん名刺を渡し、パレードに出るとの事でまた後でね!!と別れ、別々の方向へ走り出す。

13時に豊公園駐車場、ギリギリっぽいけど、果たして間に合うのか!?
そして予想もしていなかった展開が待っていた。
IMG_5277.png
続く















nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

(2)MOTHER LAKE RALLY2024レポート kawasaki motors Japanの女性社長さんのトークイベント篇 [ツーリング]

続きです^_^

カフェ、バイクガイゴーズを2時前に出発!!
ちょっと休むのに最適な湖岸のオープンカフェでした^_^

体も涼しくなって、快適に琵琶湖沿いの道を走ります。
エリミネーター400SEはゆっくりトコトコ走るのに最適なバイク。
ポジションも楽で、レンタルバイクでも全く違和感はない。
(ちょっと足の出し方次第で右のマフラーが発進時に足に当たるくらい?)
地球儀オブジェで記念撮影+ポイント登録
IMG_5431.jpegIMG_5430.jpegIMG_5428.png
ノロノロと半クラで足をつきながらUターン
足つきの良さは本当にありがたい!

その後、道の駅水鳥ステーションはポイントだけど急ぐため通過して、しばらくして道なりに湖岸から内陸に入り、川沿いを走り西山南橋を右折

田んぼの中にツインアリーナが見えてくる。

誘導の方に従って、ゴールゲートをくぐる形に・・・

ゴールおめでとう〜!!

と、言われ、、、

ゴールじゃないんだけど・・・(笑)
(^◇^;)まぁ、今日のゴールって事ですね!

写真も撮って下さっていたみたい。

嬉しいなぁ。

2ポイントしか取ってないんだけど(๑˃̵ᴗ˂̵)ごめんなさい

バイクを置いて、受付をする。まだゴールじゃないけど、参加賞のミニバッグ(SSTRの残りの?)とミニポカリをいただく。
IMG_5414.jpeg
TシャツをL→Mに交換していただき、芝生のコーナーへ。

既に風間深志さんとカワサキモータースジャパンの社長さんのトークが進行中。
熱いコーヒーと、好きなお菓子を一つ選ばせていただき、あいている席につく。
長浜れもんをチョイス
IMG_5413.jpeg
女性だけのイベントだけに、当たり前だけど女性しかいなくて、みんなライダーで(笑)、カワサキの女性社長さんの話を真剣に聞いていた。
IMG_5412.jpeg
そしてなんと、この日はいつにも増してKawasaki率が高かったそうで、皆んなの関心の高さが窺えた。

カワサキモータースジャパンの社長ですよ!?

なかなかお目にかかれるもんじゃない。

どんな方なんだろう?
どんな話するのかな?

興味深々だった^_^

すごく優しげな方で、でもこだわりを持って色々なプロジェクトを進めているとのお話で、女性の乗りやすいバイクについてもかなり尽力されてエリミネーターが生まれたとお話しされていた。

ウンウン、確かに、エリミネーターめっちゃ乗りやすいです。足つきも良くて、軽くて、長時間乗っても疲れない。

いいバイクだよー(^O^)

ダブルちゃんも良いですけどね。

足つきや軽さに関してはエリミネーターの勝ち

デザインやレトロ感、パワーについてはダブルちゃんの勝ち(個人的に)かな。

女性が乗りやすいと言うことは、高齢の方や、身長のそう高くない方にも良いと言うこと。
こう言うバイクが増えてくれると良いなぁ。

あっという間にトークが終わって、RSタイチのスタッフさんやデグナーの社長さん(みんな女性)がお話されて、じゃんけん大会へ。
IMG_5410.jpeg
デグナーのマスクをGET(^O^)
IMG_5411.jpeg
めでたしめでたし(笑)
記念撮影をして(バイク雑誌掲載予定含む)、今日のミッションはクリア^_^

その後、RSタイチのブースやデグナーのブースをウロウロ。

・・・と、、

デグナーのブースでメッシュの革パンを発見

試着させていただき、Lサイズをいただくことにしました。

なぜかこの頃縮んだ私の革パン(笑)悩みの一つでした。

なかなかレディースの革パンツ自体が出会えず、試着もできるなんて滅多にない機会で、このチャンスを与えてくれたマザーレイクラリーに感謝♪

日本ライダーズフォーラムの理事の石川県のIさんがいらして、日本赤十字とJRFのコラボステッカーを下さいました。
そうそう、この日、反射板に貼って来ていたのです。
それを見て、追加でくださいました。

ありがとうございます^_^
どこに貼ろうかな。

早速リアフェンダーに貼るmちゃん。
mちゃんは前回のマザーレイクラリーにも参加していて、白髭神社で飴ちゃん名刺を渡し、奥能登SUPPORT GAMESでもSSTRカフェで再会したライダーさんです。
この日の宿はまだ決めていないとか。
また、明日ねー!!
IMG_5422.jpeg
会場を後にして、宿へ向かう途中の田んぼ道にてパチリ
IMG_5408.jpeg
IMG_5406.jpegIMG_5407.jpegIMG_5404.jpegIMG_5405.jpeg
お宿はすぐ近くの木之本宿にある旅館。
伊香消防署前を右折し、高速入口を越えて進むと木之本駅があり、そこから宿場町の雰囲気の残る石畳の道に。

宿はその辺りだが、駐車場は少し離れていて、手前の右側に10台分ほどあった。
車は3台ほど停まっている。
IMG_5403.jpeg

リアフェンダーの透明シールはバイク店で傷つき防止の為貼ってくださってあったもの。

IMG_5402.jpeg
駐車場にバイクを停めて荷物を持って歩いて行くと、宿の前の車を移動させてくださり、宿の前にバイクを置かせて下さった。
IMG_5401.jpeg
ありがたや〜^_^

荷物も2階に運んでくださっていて助かりました。
結構重たいので。

お部屋はとても素敵な和室
IMG_5398.jpegIMG_5394.jpeg
エアコンが涼しくて、極楽ー(^O^)
冷蔵庫のハイボールを早速飲んじゃいました!
(冷蔵庫に飲み物があるって、久しぶりで新鮮です)
おつかれさま!
ひとり打ち上げ開始(笑)

お風呂は沸いていてすぐに入れてその後一階の個室にてお食事。

一人で寂しいケド、テレビもついてるし(笑)

心尽くしのお料理に感動!2時間くらいかかって食べ終えた。(^◇^;)
日本酒七本槍もいただいた。お食事付きの宿泊も良いものだなぁ。家族にも感謝^_^
IMG_5392.jpegIMG_5391.jpeg
明日は朝7時過ぎには出発、スタート式の後、奥琵琶湖パークウェイ、木之本地蔵尊、つるやぱん、渡岸寺観音堂を経て、パレードの集合場所豊公園駐車場へ行く予定だ。

お天気は持つかなぁ
暑さは大丈夫かな。
新しい革パンはどんな感じだろう?
保冷剤やスポーツドリンクを冷凍庫に入れ、GoProのバッテリーを充電し、荷造りを済ませてワクワクして、眠りについた。
IMG_5393.jpeg
翌日、たくさんの女性ライダーと絶景が待っていた。
IMG_5387.jpegIMG_5389.jpeg
続く







nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

(1)MOTHER LAKE RALLY2024レポート 初めてのハロハロ篇 [ツーリング]

(1)MOTHER LAKE RALLY 2024 レポート

6月15日(土)〜16日(日)に滋賀県の琵琶湖周辺を舞台に行われた、女性だけのツーリングラリー、MOTHER LAKE RALLY2024に参加してきました!(^O^)
IMG_5387.jpeg


以下、レポートです!


昨年の7月、最高気温37℃の中参加したMOTHER LAKE RALLY2023、
(そういえば去年レポート書くの忘れてました(^▽^;))

とても楽しくて、走りやすい琵琶湖周辺。寺社仏閣も多くて、古き良き宿場町の雰囲気も残っていたり、おいしい食べ物も、クラフトビールもあって、どハマりしてしまいました。

なかなか普段出会えない女性ライダーさんとの出会いもあったりするのも楽しい!

そして何と言っても琵琶湖の絶景♪
IMG_5380.jpeg

今回はご当地スイーツも食べられる!?Kawasakiの女性社長と風間深志さんのトークもあるみたい。

ワクワク(^-^)

嬉しい事に、今回は時期を1ヶ月ずらして6月に!
雨かもしれないけど、その時は仕方がない!
そんな気持ちでエントリー。


公式サイトはこちら

MOTHER LAKE RALLY | round4poles

今回の会場は、前回よりも少し北の長浜市伊香ツインアリーナ。

今回はカワサキのお店でバイクをお借りする事にしました。
先日、九州ツーリングでもお借りしたエリミネーター400SEです。
IMG_5338.jpeg

一週間前に荷物をまとめてお店宛に発送し前日にお店に届けてもらいました。

【事前準備】

宿の予約

新幹線の予約

レンタルバイク(エリミネーター400SE)の予約、荷掛けフックの確認(装着予定との事)

雨対策としてシールドに撥水剤を塗る

暑さ対策として保冷剤やスポーツドリンクを凍らせておく

反射板の作成(後ろから見ても参加者とわかるのと、参加者へのエールとして+安全対策)

プラ板にゼッケンを貼り、はがせる両面テープを裏に貼る(借りたバイクに貼るため)

ROGAN用ルート案内を書く

GoProのバッテリー充電

飴ちゃん入りの名刺作り
IMG_5476.jpeg
ゼッケンとTシャツ、参加賞のタオルが届く。
(荷物に入れる。)
IMG_5479.jpegIMG_5478.jpegIMG_5477.jpeg
宅急便の集荷をお願いして、日曜日の夕方に取りに来てもらう。(ヤマト運輸は集荷が17時~18:30のため、休日にお願いする)
専用アプリのダウンロード
IMG_5475.jpeg

準備段階から楽しくてしょうがない(笑)


お仕事も、4月から新しい職場で色々と大変なこともあったけど何とか、色んな課題をクリアしてひと段落。
このマザーレイクラリーを励みにして、がんばっていたのだった。



そして・・・ついにその日がやって来た!!^_^

【当日】
4:40起床、朝食、コーヒー(マンデリン)を水筒に淹れる

5:35出発

東京駅のパン屋さんでサンドイッチを購入

7:20過ぎ東京駅の新幹線改札でICカードをタッチすると、切符がありませんと出る。

焦る。

そういえば4月からSuicaが変わっていた。

カウンターのお兄さんにSuicaの紐付け方法を教えてもらい、ギリギリ新幹線に間に合った。めちゃくちゃ焦った!!。・°°・(>_<)・°°・。人生最大のピンチだったかも(笑)

7:33東京発

東京タワーや富士山に見送られて米原まで(ひかり号新大阪行きで名古屋の次。6駅2時間14分)
IMG_5473.jpegIMG_5472.jpegIMG_5471.jpegIMG_5470.jpeg
9:47米原着

9:59東海道・山陽本線加古川行き(7駅26分)
IMG_5469.jpeg
IMG_5468.jpeg
10:25近江八幡駅

10:42近江鉄道八日市線八日市行き(1駅5分)

Suicaは使えず、紙の切符を買う。改札でスタンプを押してもらう。懐かしい!
IMG_5467.jpeg
のどかな風景を車窓から楽しむ。

10:47武佐駅
IMG_5465.jpegIMG_5466.jpeg
無人駅で、先頭車両の1番前のドアしか開かない。切符は改札の箱に入れる。

武佐駅から踏切を渡り南へと向かう。

武佐宿の宿場町の雰囲気が残る街並み。

途中の神社で今回のツーリングラリーの安全を祈願。
IMG_5464.jpegIMG_5463.jpegIMG_5462.jpeg
神社の前では地元の方々が集まって交流していた。

国道8号沿いに以前第1回ビワツーでバイクをお借りしたHONDAのお店や、その他のディーラーが並んでいる。

今回バイクをお借りするお店に到着!
IMG_5461.jpeg
荷物を受け取り、フィッティングルームをお借りして着替える。

レンタルの手続きと支払い。KAZEメンバーズカードで10%引きしてもらう。
(お店の方は知らなかったっぽいけど、言ったら確認してくれた。)

お店の方とバイクの傷チェックをして、タンク容量(12リットル)と燃費(24.5/リッター)を確認して、記念撮影をしたら出発ー(^O^)
IMG_5446.jpeg
IMG_5447.jpegIMG_5445.jpegIMG_5448.jpeg

まずはお店を左へ出て北上。

西生来町(左)r201→安土郵便局前(右)r201(r511)で、田んぼと水路の間ののどかな道をゆく。

道が狭い割に対向車のトラックが飛ばしてて怖い(汗)

水車橋(右)r25

ここからはもう何度かビワツーでも走ってる道。
後はひたすら琵琶湖の湖岸近くの道を北上していけばよいので、方向音痴な私にもありがたいルート(^ ^)

幸いこの日はお天気も良く、気温が上がりそうだけど何とかなりそう。
信号が少ないため、止まることも少なく、風が気持ちよくメッシュジャケットとメッシュの革パンを通り抜けて行く。

なんか涼しいと思ったら、胸部プロテクターを装着し忘れて送ってしまっていた。

でも、胸部プロテクター無しだと涼しくて、真夏にはある程度涼しさも優先してもいいのかなぁって思ったりもした。(あまりに暑いと却って危険なので)

彦根城近くで工事渋滞にハマりながら琵琶湖の風景を楽しむ(^_^;)
馬場2丁目(左)r2

彦根市から長浜市に向かって、北上。

第一回ビワツーは彦根港がスタート・ゴール地点だったので懐かしい。
反対車線の渋滞を通り過ぎて、北へ向かうと長浜城が見えてくる。

去年のマザーレイクラリーではこの辺りに泊まったので懐かしい。
何度か来ていると、だんだん能登みたいに、慣れてきて色々とわかってくるのが楽しい。

明日は交通安全パレードに参加する予定なので、長浜城の近くの豊公園駐車場が集合場所だ。

青い歩道橋の信号が目印、と覚えて通過(^ ^)

湖沿いの道に道の駅近江母の郷がありその先にあるカフェがWP(ウェイポイント)の一つだった。
IMG_5442.pngIMG_5440.png
砂利の駐車場へと侵入。(砂利は怖い・・)

既に、マザーレイクラリーの参加ライダーさんが来ていて、
挨拶を交わす。(飴ちゃん名刺も渡す。)
IMG_5443.jpeg
お店ではおすすめのハロハロという食べ物(ゼリーやアイスやかき氷やフローズンフルーツなどを混ぜ混ぜして食べるというもの)を食べる。おすすめのフルーツハロハロにした。

す、すっごく、おいしい!!!

めちゃくちゃ冷たくて、体もクールダウン。そして、さわやかな湖岸の風に吹かれ、
伊吹山も眺めつつ、幸せな休憩タイム。これお昼ご飯かな?
IMG_5439.jpegIMG_5438.jpeg
アプリでポイントを登録!
IMG_5435.png
この時点で、すでに、来てよかった~(*´▽`*)と、大満足なのだった(笑)

しかし今の時刻、14時前。
Kawasakiの社長さんのトークが14時からだって、、果たして間に合うか!?

続く

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

MOTHER LAKE RALLY2024に参加してきました!〜女性ライダーの琵琶湖ツーリングラリー〜 kawasaki ELIMINATOR400SE とともに [ツーリング]

こんにちは^_^

お久しぶりですー
お元気ですか?

先日、琵琶湖で開催されたMOTHER LAKE RALLY2024に参加してきました!
IMG_5262.jpeg
動画をUPしましたので、お知らせします^_^
4分弱の動画です

MOTHER LAKE RALLY2024に参加してきました!〜女性ライダーの琵琶湖ツーリングラリー〜 kawasaki ELIMINATOR400SE とともに
https://youtu.be/yWG8uAHwBNE

ツーレポも、書きますね〜!!
ではでは(^o^)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

(4)奥能登SUPPORT GAMESレポート(總持寺祖院〜SSTRカフェ〜深江八幡神社〜高志の国文学館〜帰宅) [ツーリング]

大地震が1月1日に発生し
能登半島は甚大な被害を受けてしまいました。
家屋の倒壊や火災による輪島朝市通り付近の焼失、
道路の寸断、断水、停電、津波、地面の隆起、土砂崩れ
余震も続いています。
ひと月経ち、電気は復旧した所も多いようですが
一日も早い水道の復旧、仮設住宅の建設と入居が待たれます。
関係の方々も大変と思いますが、どうぞお身体に気をつけてお過ごしください。

このツーリングレポートは昨年の10月下旬に行われた
奥能登を応援するツーリングイベントについて書いています。
1日目は埼玉県の自宅〜千里浜〜珠洲(ゴール地点)
2日目は珠洲〜反時計回りに海沿いを走り、輪島、總持寺祖院経由で再び海沿いに出て
千里浜へ戻りました。
3日目は羽咋の深江八幡神社〜富山県の高志の国文学館〜北陸道経由で帰宅

さまざまなスポットに立ち寄り
能登の素晴らしさに感激し、多くのライダーさんとも交流できすごく楽しかったです。
ツーリングレポートでより多くの人に能登の素晴らしさを伝え、記録として残せたらと思います。

1日も早い復興をお祈りしています

ピら手

-----------------------------------------------------------------
 
2日目、總持寺祖院の拝観を終えた所からの続きです^_^

御朱印もいただきました♪
IMG_2749.jpeg
IMG_2750.jpeg

IMG_2748.jpegIMG_2747.jpegIMG_2746.jpeg

總持寺祖院を出て駐車場へと向かう。
IMG_2759.jpeg
いい感じのお蕎麦屋さんがあってすごーくお腹も空いていて
とっても入りたかったけど、時間が気になり、
また今度来た時に寄ろう!と、我慢する。

カラオケ屋さんや衣料品のお店などレトロな雰囲気。
昭和っぽい感じでタイムスリップしたようだ。

總持寺祖院はWP(今回のラリーのポイント)なのでライダーが
次々に總持寺の方へと向かって行った。
駐車場はないから拝観するにはここに停める事になるんだけど、行ってしまった。
WPには立ち寄らすにポイントだけ登録する人もいるかもしれないけど。
立ち寄って良かったなぁと、どのポイントでも感じていた。
こういうラリーに参加する事によって、知らなかった所へ来ることができるのは何よりも楽しいし
歴史を知ったり、アートと出会えたり、発見がある。

海に向かって西へと走り、
海沿いの道を走る。
IMG_2729.jpeg
海に出る時っていつも感動する。
海無し県の埼玉に住んでいるから余計に(笑)

海沿いの道の左手に建つ家には風を避ける為の自然素材の壁が設けられていたりして、
日本海沿いの厳しい環境と、工夫して共存している人々の暮らしが感じられた。
日本海の風の強さは、千里浜などで体験済み( ;∀;)
IMG_2732.jpeg
波は穏やかで、傾き始めた日差しが海に反射して眩しいくらいだ。
前後に車はなく、海沿いの道を太陽に照らされながら、
SSTRではないけど、太陽を追いかけるかのように、
雄大な風景の中を走っていく。
ライダーにとって一番素敵な時間を味わえた。
IMG_2730.jpeg
道の駅赤神に到着しホッとする。
IMG_2751.jpeg
誘導に従ってバイクを停め、
見回すと60台くらいのバイクが停まっていた。
IMG_2698.jpeg
・・・と、話しかけてくださる方が。

わーーー!!
九州から参加されているにっぽん応援ツーリング九州アンバサダーのNさん
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

5月に四国の金比羅さんの近くですれ違っていた、九州と埼玉の女性ライダー同士
石川県でお会いできましたぁー(≧∀≦)

私はブログなどに顔を出してないので昨日は気づかれず、Facebookでその話をしたらコメントくださって、でもまさか今日会えるなんて!すごく嬉しい!(≧∇≦)

奇跡ですよね
九州と埼玉の女性ライダーが香川県のこんぴらさんの辺りでニアミスして、石川県の道の駅赤神で会えるなんて(約束もなく)

めちゃくちゃうれしかった!

道の駅赤神では参加者にコーヒーサービスをしていたようだったが、4時半までにあと2箇所のWPを回り、SSTRカフェまで行かなくてはならなかった。
時刻は3時近くてかなり焦っていたため、シートから降りることができなかった。
今度来たらゆっくり休憩したいな!
輪島塗のヘルメットもあるとか?
輪島塗のカップでコーヒーも飲めるとか?
風間さんの展示スペースもあるのかな?
今度はぜひ行かなくては!(≧∀≦)
時間がなくてごめんなさい

次の目的地は、トトロ岩(権現岩)
道沿いに見えて来る

トトロ、日本中にいるよねー(笑)
IMG_2699.jpeg
トトロ岩専用パーキング(?)にバイクを停めて、撮影andポイント登録^_^
IMG_2701.jpeg
ここは能登半島の西海岸にあたり、傾き始めた太陽が優しく海を照らしていた。
IMG_2752.jpeg
IMG_2697.jpegIMG_2739.jpegIMG_2738.jpeg
さてお次は、機具岩(はたご岩)夫婦岩のでっかいバージョン。

前を走るライダーも、多分、同じ目的地(笑)
案の定、はたご岩の看板の信号で右折

岩壁に張り付くような細い道を海沿いに進むと、おおー!!

IMG_2740.jpeg
IMG_2741.jpeg
かなりの存在感で、しめ縄で繋がれた大小の岩が。

傾きかけた太陽が海に煌めいて、なんとも神々しいお姿。
IMG_2703.jpegIMG_2702.jpeg
こんな素敵な所があるなんて知らなかったな。
夕方にここに来られて良かった!

ポイント登録をして、過去のポイント登録を確認してみた。
IMG_2742.jpeg
・・・あれ?

・・・え?

うそ!

トトロ岩が登録されていなかった。

えーーーーーーー
なぜ?
私、登録したよね?
バイク停めた時にすぐ。

・・・

戻る?
IMG_2744.jpeg
愕然として確認してみると、なんと、
鴨が浦も、登録できてない!!

えーーーーーー(ToT)

なぜなぜなぜ?
さっきはできてたよ

・・・

どうしよう。

トトロ岩まで戻る?

鴨が浦は遠くてもう無理

あっ!でも写真があるから
きっと後で送って認めてもらえると信じよう!

何とか前を向く事ができた。

だって、最後のポイントと決めているSSTRカフェに行かなくては、ポイント不足で完走できない。

能登半島の西海岸を内陸ルートで南下し千里浜を目指す。


とーってものんびり走ってる車の後ろを、他のライダーさんと2人で、ひたすらに、走る。
IMG_2734.jpeg
山っぽい所や畑などを通り抜け、志賀町を過ぎて、ようやく羽咋に入る。
IMG_2743.jpeg
途中、富山方面に雪山がチラリと見えた。
ジェットコースターみたいな道(笑)も通って、和菓子屋さんの手前のいつもの橋を渡ったら右へ。

突き当たりを左へ。

千里浜レストハウスの看板
を右へ。

着いたあーーー(^O^)
IMG_2754.jpeg
時刻は4時半前

間に合った!!

カフェは5時まで
お昼ご飯抜きだったので、ここでお昼(?)を食べたかったのだ。

夕陽が海を照らし、ゴールを祝福してくれているかのよう。
すると、帰路につくライダーさん数人が近くにいた。

え?

sさんですか?

思わず、その女性ライダーさんに声をかけた。

そうですー(^o^)と、sさんは言ってくれて、私も、ピら手ですー(^o^)と、、
とても嬉しかったが、とても急いでいる様子で、大急ぎで、ステッカーをくださった。

にっぽん縦断のツーリングラリーに参加されたsさんは、その道中に16極を攻略され、夜の蒲生田岬にも行っちゃうすごい人で、Facebookではいつも投稿がユーモアたっぷりで面白くて、何度かコメントさせていただいていたのだ。

会えた奇跡に感動(๑˃̵ᴗ˂̵)

感動冷めやらず、、
飴ちゃん名刺を渡してお見送り。

大切なことは、
まずはポイント登録!^_^

そして、この美しいシチュエーションでダブルちゃんを撮ってあげたい。

IMG_2753.jpeg

写真を撮っていると、1人の男性が話しかけてきた。

このバイクどうですか?

乗りやすいですよ!

などお話

なんでも、増車するのにダブルを迷っているとか。
ディーラーさんに見に行ってきたけど迷っているのだという。

お話しているうちに、

決めた!私はこのバイクにします。

と、決意されていた( ´ ▽ ` )

私は決してKawasakiの回し者ではありませんが、このフォトジェニックなレトロさで、でも中身は現代っ子で、健康的なこの子は、のんびりと旅をする相棒としてはとても良いと思い、それを伝えたまでです

その方は、地元の方だそうですが、ダブルでSSTRに参加したいとおっしゃっていました。

ではまた千里浜で偶然会えたらいいですね!(^o^)

なんて言ってお別れした

こんな出会いもまた面白いなー。

カフェへ行くと、なんと
風間さんはじめ、大勢のライダーの皆さんがいた。

わあー

SSTRカフェに来て、偶然にも風間さんがいて、ライダーの方々に囲まれて和気あいあい

夢みたいな幸せな光景

そしてこのカフェは食べ物も飲み物もとてもおいしくて、見た目のカッコよさだけではなく、お腹も心も満たされる。

ナンピザとコーヒーをチョイス♪

待っている間に、ライダーの皆様と飴ちゃん名刺をお渡ししたり、お話したりして、初めましての方も数人(^○^)ライダーの輪が広がる場所
Mさん、Bさん、はじめましての方や、マザーレイクラリーでお会いして飴ちゃん名刺をもらって下さった女性ライダーさんとも再会♪地元の大学の先生ライダーさんも。
SSTRでは時間的にカフェに寄ることがなかなかできないので
これは奥能登SUPPORTGAMESならではの素敵なプレゼントだなぁと思う。
一日中ご飯も食べずにがんばって珠洲から走って来た甲斐があったな♪

感動的においしいナンピザを食べながら、また皆さんとおしゃべり
IMG_2705.jpeg
窓の外はウッドデッキと打ち寄せる波
SSTRとは違う、自分で決めたゴール。その後にこんなにたくさんのライダーさんと会えるとは思ってなくて、とても嬉しかった。
無事に1日のツーリングを終えた満足感と、
安堵感、そしてみんなの笑顔。
ライダーにとってこんな素敵な時間をありがとう。

名残惜しいけどそろそろ、暗くなってきて、みんな帰路につく。
ちょうど閉店時間でもあった。

すっかり暗くなった駐車場で、ごそごそ準備してたら、
今日はダブルじゃないけどダブル乗りの方が話しかけてくださった。

もしかして、〇〇県の○さんですか?

わあー
Facebookでコメントをいただいた事のある、珍しく同じ色のダブルに乗られている方だった。

飴ちゃんセットが全てなくなってしまったので、大急ぎで金のミルクカフェオレ味の飴を名刺と共に予備で持ってきていたビニール袋に入れてお渡し。(笑)

奥能登SUPPORTGAMESのこのライダー同士の交流できる感じ、すごくいい!!

SSTRはとても人数が多くて、知り合いに会うのは至難の業だけど、(知らない人も多すぎて話する感じではなく)

これくらいの規模のツーリングラリーもいいなぁって思った。

暗闇の中消えていくSさんを見送り、私は温泉へ!!

ホテルのお風呂は使わないで済ます計画(笑)

それに、まだ時間も早いから、営業している。

ユーフォリアという温泉施設がすぐ近くにあるのだ。

お風呂セットだけ持って
温泉施設に入る。

実は当初、宿泊を高岡の方に計画していた。

変更して良かったーヽ(;▽;)

何となく、無理そうな予感がして、事前に変更していたのだ。

本当に大正解!!^_^
行けない事もないけれど、とても疲れていたし、早朝の珠洲から出発し、能登半島を反時計回りにぐるりと回ってきて、日が暮れてしまった。

こんな時ツーリングの経験値が役立つ。

そう言えば昔、初めてのソロツーリングで能登に来た時も、能登漁火ユースから福浦港までで日が暮れていた。

能登半島は観光しながらだと一周するのに結構時間がかかるのである。
なので、SSTRカフェは本当にちょうどいい場所にあって最高!^_^
そしてライダーでも立ち寄りやすく、
むしろライダーであることが嬉しくなるカフェ。

お風呂で汗を流し、ホテルにチェックインしてから夕ご飯を食べに出かけた。

今日は地元の知り合いの方はさすがにいないなーと思っていたら何と、わざわざ来てくださって、、
感動(ToT)
日曜日なのにごめんなさい。そしてありがとうございます。
隠し蔵のお湯割なんか飲んでワイワイして、楽しい夜でした。
IMG_2755.jpegIMG_2706.jpeg
【翌日】3日目 10月23日
雨が降っていた。( ;∀;)

めげずに、深江八幡神社へ
IMG_2711.jpeg
宮司さんとお会いできて、新作の御朱印をいただく。
IMG_2712.jpeg
素敵な神社ならではのディスプレイ台に並んだ御朱印たち。
もうこれはアートギャラリーですね

コーヒーをありがたくいただいて椎の実やステッカー、お守りをいただいたりして、さて出発
IMG_2713.jpegIMG_2714.jpeg

かわゆい少年の乗ってみたいと言うリクエストにお応えして
抱っこしてシートに乗っけると、嬉しそう
確かに、乗ってみたいよねー。
大きくなったら、自分でお金貯めて買うんだよ(笑)

さて行こうとした時

ん?

かわいい男の子が通せんぼ(笑)

行っちゃだめー

とか、言ってくれる。

( ;∀;)かわゆすぎ。

うちの子達もこんな頃あったよね・・・(遠い目)

宮司さんの助けを借りて、何とか走り出す。
IMG_2710.jpeg
ごめんねーまたくるからね!
ばいばーい

道の駅雨晴を目指していた
神社を左に出て、突き当たりの田んぼを右。
交差点を左

ショッピングモールの横を抜けると山っぽい風景になる
氷見までの道はクネクネした楽しい道だった。

しかし・・・
方向音痴な私

氷見のあたりで見覚えのある交差点で右折した

走れども、何故か海の方から遠ざかって行く

曲がる所間違えたかな

そうこうしていたらなんだか道を間違えてとっくに通り過ぎていた

時間が押していたから、まあ良しとしよう!

おくのほそ道デジタルスタンプラリーのポイントだったので、
ちょっと寄れたらと思っただけなんだけどね。

富山県の高志の国文学館でドナルド・キーン展をしていて、そこへ行くつもりだった。

富山県の中心地は車が多くて、またまた道を間違えてUターンしたりしながら、何とか文学館に着く。
IMG_2715.jpeg
一方通行が多くてなかなか都会は苦手。汗だく(笑)

無事バイクを停めさせていただき、身軽な格好で見学
IMG_2716.jpeg
小学生の団体が他の展示ブースにいて、これからこっち(キーン先生の展示)にくるという。

大急ぎで、展示を見て(笑)
文学館を後にする。
ギリギリ間に合った。(笑)
動画に群がる子どもたち

小学生からキーン先生や文学館の展示を見て育つんだ・・・富山の子どもは。

なんかすごく衝撃的だった。

文学館を後にして本格的に帰路につく。
IMG_2717.jpeg
少しでも明るいうちに帰りたかった。

以前、金沢からの帰り、松代で日が暮れて真っ暗な上信越道がかなり寒くて、クネクネで長くてキツかった。
風景のない時速100kmの風圧バリバリの世界はかなりキツイ。

何とか明るいうちに小布施で休憩。
IMG_2718.jpeg
軽井沢のあたりで、日が暮れて、思いがけない所で渋滞に巻き込まれる。

久しぶりの渋滞はかなりキツかった。
ダブルは足付きがチョン付きなので、かなりストップ&ゴーにはバランスに気を使う。下手したら立ちゴケしかねない。

こんな時エストレアとかレブルなら良かったなぁと思う。
高速全開走りは辛いけど。
なかなかバイク選びというのは難しい

ようやく40分近い地獄の渋滞を抜け、横川SAで休憩&給油。

スタバで甘いカフェモカとコーヒーと2杯飲み、写真を見返して余韻に浸りつつ、インスタグラムを更新したりして、現実逃避(笑)

まだ先は長いぞー。

横川からなら何度も走り慣れているから、もうひとふんばりだ。

途中、嵐山小川で休憩
IMG_2719.jpeg
そして無事帰宅!

IMG_2758.jpeg

荷物を先に下ろして、慎重にスロープを登り、最後の難関(最大の難関?笑)を越え、私の奥能登SUPPORT GAMESは無事完結したのだった。
IMG_2721.pngIMG_2724.pngIMG_2723.pngIMG_2725.jpegIMG_2726.png
帰ってきて思ったのは、すごく楽しかったという事と、また能登を走りたいなという事。
IMG_2727.jpeg
今度のSSTRの時にまた行けたら良いんだけど。

また行くからねー!!
IMG_2728.jpeg
おしまい

能登の復興をお祈り致します。

nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク
前の10件 | -